ウーマン

個人で会社設立するなら知っておきたいこと|費用や流れなど重要な事

施術所を開く前に

施術

柔道整復師として開業するには、さまざまな手続きが必要なので、事前に調べておくとスムーズに行えます。スタートをしてからが勝負ですから、ホームページとチラシ作りは必ずやっておきたいところです。手が回らないようであれば、業者に任せておくと良いでしょう。

詳しくはこちら

セミナー参加もできます

オフィス

大阪は関西でも主要都市として知られているエリアで、開業支援などのセミナーも豊富に開かれています。セミナーに参加すれば開業後の営業方法などを適切に指導してくれますので、まずは活用してみると良いでしょう。

詳しくはこちら

会社を作るための事務手続

紙幣

広がりを見せる独立開業

多様な働き方が広がった日本においては、独立開業を目指しているサラリーマンも多くいます。美容師や調理師といった資格と技術を武器とする職種だけでなく、一般企業のサラリーマンであっても業界内での経験を人脈を活かして、将来はコンサルタントとして活躍したいと努力している人もいます。現場で実務経験を積みながら、会社設立するための費用を稼いでいるのです。立ち上げた事業を成功させるためには運営プランを入念に練っておくことが大切です。会社設立をするためだけの初期費用しか念頭に入れていないと、苦労して作った会社もあっという間に傾いてしまいます。書類上の会社設立はそれほど難しい手続ではありません。事業を継続していくことに知恵と費用を使うべきです。また、司法書士事務所や税理士事務所などでは、会社設立に関するサポートを行なっているため、わからないことなどがあれば気軽に相談できます。特に税理士事務所では、会社設立のサポートだけでなく、経理や決算申告なども行なってくれるため、便利です。このような事務所も数多くあるため、利用しやすいところを選んで、一度相談してみるとよいでしょう。

定款を作る際のコツ

会社設立を行うためにはまず定款を作成します。定款には会社の商号、事業目的、本店の所在地などを記載します。定款に書かれている事項以外の事業は営めません。例えば定款の事業目的に「不動産業」とだけ記載してしまうと、小売業であるショップ経営や、教育業である学習塾の経営は同じ会社では行えなくなってしまいます。新たな別会社を作るか定款の記載内容を変えることになりますが、どちらも法務局での登録費用がかかります。後で余計な出費をしないためにも、定款に記載する事業目的は、すぐにその事業行う予定がなくとも幅広く定めておくことがコツです。定款は公証人による承認を経て、法務局へ提出します。1〜2週間で登記が完了し、会社の謄本が取れるようになります。

エリアを選ぶためには

店舗

大阪にはオフィス街から住宅街まで雰囲気の違うエリアがあり、貸店舗を借りるならそのエリアごとの特徴を知っておきましょう。貸店舗の情報を探すならネットも活用しておくと、素早く情報を探すことができるようになっています。

詳しくはこちら